図形の合成を活用せよ – PowerPoint 編

PowerPoint で直感と説得力を増す方法

はじめに、パワポこと、PowerPoint は、実に奥が深いです。単純な機能でも組み合わせや使うタイミングによってプレゼンテーションを格段によいもの(=納得力のあるもの、正しく直感的に理解させるもの)に仕上げることができます。

普通に PowerPoint 使ってプレゼンしているだけってことありませんか?文字を箇条書きしているだけとか。私のプレゼンでは、直感的にわかる表現や、アイコンを多用しています。よくこれらについて質問を受けます。

あれだけの表現をすると色の変更や線の表現、印刷用の白黒表現とかケアが大変ではないか、あのアイコンみたいなのは、どうやって作っているのか?デザイナーに依頼しているのか?と聞かれるわけです。
私のプレゼンで使われている表現はほぼ自作です(すべて自作ではないですが)。しかもそんなに手間をかけていません(といってもいろいろとコツはあります。コツは記事後部のプレゼン道場 記事一覧からアクセスください)。

PowerPoint でアイコンやインフォグラフを作成

 

基本図形を合成することでどれも作成できる
基本図形を合成することでどれも作成できる

ここで挙げた「ドア」を図形の合成で作ってみることにしましょうか。ここで使う図形は、「四角形」、「平行四辺形」、「円」、「矢印」です。想像できますねw そうです、図形の合成で作成する図は、図形を活用しているのであらかた想像がつきます。

基本図形の組み合わせ例
基本図形の組み合わせ例

あえて、塗りつぶし色分けしてを透過にしてみました。これだと各パーツがどう配置されているかわかりますよね?「平行四辺形」だけ、すこしななめにしているのがわかります。

あとは、以下のように図形の単純型抜き合成を駆使します(PowerPoint での設定方法とやり方は後述します)。

赤い「四角形」から、オレンジ色の「四角形」を単純型抜きしました。

次に、「平行四辺形」から「円」をこれまた単純型抜きです。

右側の青い「四角形」以外をすべて選択して、図形の接合です。もうこれでほぼ完成ですね。最後に、少し図形がはみ出た部分を図形の単純型抜きで調整します。

完成です。これがひとつの図形です。したがって、こんなことができてしまいます。

図形なので、多様な表現が可能
図形なので、多様な表現が可能

エフェクトも利かせられますので、反射や、3D、影も自在です。これを白塗りにして、背景に四角形を青塗で配置すれば、上記のドアが完成するということになります。

文字の合成による図形化

PowerPoint には、文字と図形を使った合成もできます。

これがその例です。また、

これもその応用です。

やり方は、図形の合成と同じです。違いは、テキスト(文字)と図形を合成するということです。

このように、テキストボックスに文字を入力したものと、図形(上図では四角形)を重ね合わせて両方を選択します。

次に、文字と図形の重なった部分を採用したいので、「交差」を選択します。これで、文字の形に切り取られた図形を作り出すことができます。

図形ですので、アレンジが可能です。「頂点の編集」で趣を変えてみることもできます。

上図では、「こ」の字を少しアレンジしているところです。

例えば、仮面ライダーのロゴみたいなスライドタイトルを作りたいなと思ったら、できてしまうということです。

図形の合成

これらをやりたい場合は、「図形の合成」を覚えましょう。PowerPoint 2010 でのやり方でご紹介します。このテクニックは、PowerPoint 2011 for Mac でも使うことができます。

※図形の合成は、PowerPoint 2010 以降で実施できます。PowerPoint 2011 for Mac, PowerPoint 2013 では標準機能としてメニューやリボンから通常操作でアクセスできます。要するに必須のテクニックです。PowerPoint 2016 (Windows, macOS) では標準機能として利用できます。

これらは、すべて上述の方法で作成したものです。

長沢が作成したこれらの図形は、フリー素材として公開しています。必要に応じて入手し、活用ください。

サーバントワークス株式会社

プレゼンテーションで利用できる図形(シェイプ)を、PowerPoint と Keynote の形式にてダウンロード公開し…

PowerPoint 2013 以降での利用

PowerPoint 2013 以降では標準で機能が使えるようになっています。

図形を複数選択し、「描画ツール」の「書式」タブに、「図形の結合」という項目があることがわかります。

もちろん、MacOS 版でも同様に使えます。

PowerPoint 2010, PowerPoint 2011 for Mac でも使える

これらの方法について知りたい場合は、以下よりご覧ください。

正解のない時代のビジネスと現場のお悩みは弊社にご相談ください
サーバントワークス株式会社