Zoom 5.2 でバーチャル背景にPowerPointやKeynoteのスライドを設定可能に

Zoom 5.2.0

Zoom 5.2.0 では、今回取り上げる新機能の他にも、明るさの自動調整など機能拡充がされています。

背景にスライドを設定可能に

今回とりあげたいのは、背景の設定です。Zoom では「バーチャル背景」を用いている方はとても多いのではないでしょうか。部屋を見せたくない、生活感を出したくないといったニーズに答えられるバーチャル背景は、各社がバーチャル背景画像を提供するくらい盛り上がり、不可欠になってきています。

Zoom 5.2 からは、このバーチャル背景として、 PowerPoint や Keynote のスライドを利用できるようになりました。要するにプレゼンを背景にして、バーチャル背景のように背景をクロマキー効果のように削除することができます。よって、よりライブ感のあるプレゼンテーションが可能です。OBS でがんばっていたことが容易に(簡易に)できるようになったと理解すればいいと思います。

こんな感じです。

ビデオの部分は、配置と大きさを変更が可能です。予めスライドと被らない配置にしておくと良いですが、その都度、大きや配置を変えたりもできます。スライド部分は、アニメーションなどの効果は利用できませんのでご注意ください。

Zoom 5.2.0 クライアントアプリが必須!

追記: どうやら参加者全員が、Zoom 5.2.0 以降を使っていないと期待した通りに動作しない模様です。

Zoom 5.1 以前のクライアントアプリを使っている場合や、Web版を使っている場合は、スライドの画面共有とスピーカーカメラ(バーチャル背景はスライドにはなりますが、スライド全体が表示ではなく、あくまでカメラ周辺に限定されます。ちょうど上のスクリーンショットの枠で囲まれている部分相当です。)。

発表者の Zoom 5.2.0

 

Web 版の Zoom での見え方

 

設定方法

設定は、「画面を共有」にて、行えます。

「ベーシック」タブから「詳細」タブに移動すると、「バーチャル背景としてのスライド」があります(現在ベータ提供)。こちらを選択して[画面の共有]を行うと、ファイルを選択する画面になります。そこで、PowerPoint や Keynote のファイルを指定すると、スライドをバーチャル背景にすることができます。

今回試した環境

  • macOS Catalina 10.15.6
  • Keynote 10.1
  • Zoome 5.2.0

正解のない時代のビジネスと現場のお悩みは、
弊社にご相談ください

サーバントワークス株式会社